どんな人が年収1000万円になれる?
どんな人が年収1000万円になれる?

年収1000万円。

それはきっと一度は憧れたことがある年収ではないでしょうか。

では、あなたが会社員だとして。勤めている会社から1000万円の給料をもらったとしましょう。このとき、所得税や住民税、社会保険料などが天引きされた後の手取額はいくらになるでしょうか?

なんと、「715万円」です。

少ないと思いましたか?多いと思いましたか?285万円は差し引かれてしまうということになります。

これを毎月の給料ベースに直すと、48万円ほど。(ボーナスを夏に1か月、冬に2か月として)

いかがでしょうか?

「意外と少ないと思った」という声も多いと思います。

まだ私がお金のことを知らなかったときには、年収1000万円の人は毎月80万円くらい使えると思っていました。

1000万円稼げる職業は?

なお、当たり前の話ですが1000万円を稼ぐためにはそれに見合う努力と責任が伴います。

誰もが憧れるからこそ、簡単ではないということですね。東洋経済新報社が書いている記事で「職業別年収ランキング」というものがあります。

この中でトップになった職業はお医者さん。次いでパイロットです。これらの職業の年収は1000万円を超えています。

命を預かる仕事なだけにその責任の重さに給与も高くなるのは当然と言えるでしょう。

また、このランキングを見ていくと、上位にある職業は弁護士や税理士、大学教授など。これらの職業には共通点があることにお気づきでしょうか?

それは「資格」と「知識」を要する職業ということ。

もちろん、資格があるから知識があるから、お金を稼げるわけではありません。人との関わりだったりだとか、仕事に対する姿勢だったりだとか、そんなものも大きく影響をします。

ただし、誰にでも出来ない仕事には、それだけで価値が付き、その価値に対してお金は支払われます。多くの勉強を重ねて、知識を身に付けて、世の中の困っている人に対して知識を提供する。こうやってお金に変わるということです。

価値を提供すると、1000万円目指せる

どんな人が年収1000万円になれる?

そしてこのようにお金に変わるのは知識だけではありません。

プロスポーツ選手であれば、その身体を提供してお金に変えていきます。その選手の一つのプレーに、勇気や元気をもらえたり。チーム同士の戦いにファンが集まり、地域が活性化することもあります。

芸達者な方の場合には、その技術を提供してお金に変えていきます。お笑い芸人であれば、お客様に笑いを届けることで笑顔になったり。歌手の方は、その歌声で多くの人に感動を与えることでしょう。

お金を稼いでいる人たちはやはりそれだけ価値の高いものを相手に渡しているということですね。

参考:副業で稼ぐなら「継続」「観察」が重要

おすすめの記事