【働き方】20代のための仕事の授業
【働き方】20代のための仕事の授業

この記事では20代のうちに知っておきたい「仕事の存在」についてお伝えしていきます。

あなたにとって、仕事とはどんな存在?

ではまず、質問です。

あなたにとって、仕事とはどんなものですか?

「キツいもの?」「仕方が無くするもの?」「やらなきゃいけないもの?」楽しいと思って働けている人はどれくらい居るでしょうか?仕事がしたくてたまらないような状態。あなたはそんな状態になったことはありますか?

私たちは睡眠時間を引いたところの生活時間で、その半分以上を仕事の時間に費やします。その仕事の時間が楽しいか楽しくないかで日々の充実さが変わっていきます。

働くとは本来、このようなものだと言われます。「側(ハタ)を楽(ラク)にするもの」だと。つまり、あなた自身やあなたの周りを幸せにするもの。それが、仕事です。働くことの対価であったり、価値を提供したことによる対価で、私たちはお金をもらいます。

そのお金を使って、好きなものを買ったり、美味しいご飯を食べたり。そうやって、私たちは幸せになっていく。好きな仕事で稼いだお金であっても、嫌々働いて稼いだお金であっても、使えるお金には違いはありません。

自分も他人も幸せになる働き方を、見つけよう

自分も他人も幸せになる働き方を、見つけよう

ただ、どっちにしろお金を稼ぐのであれば、楽しいと思える仕事でお金を稼いだ方が良くありませんか?ケーキを食べさせたい人がケーキを食べたい人にケーキを販売する。漫画を書くのが好きな人が漫画を読むのが好きな人に届ける。人と人をつなぐことが好きな人が人とつながりたい人に人をつなげる。など。

これぞ、ハタをラクにする。つまり、働くです。あなたがもし、今の仕事が楽しくないなと思っているのであれば、その仕事が向いていないか、楽しさを見つけきれていないかのどちらかである可能性が高いです。

一度、今の仕事でハタをラクにできることってなんだろうと考えてみてください。私はハタをラクにするために働いているんだと思えると、今の仕事も少し楽しくなっていきますよ。ぜひ、自分も周りも幸せにする働き方をしてくださいね。

おすすめの記事