株の配当で生活する方法
株の配当で生活する方法

最強のチャートパターンと名高い、三尊

まずは三尊とは何なのかというところからです。
FXで言うところの三尊は真ん中が高く、両脇の2つが同じくらいの3つの山からである値動きのことです。
阿弥陀三尊の形に似ていることからそう呼ばれているらしいのですが、
チャートの動きが仏様に見えちゃった昔の人も結構イかれていますね。

三尊はそれまで上昇だった動きが下降に転換していく際によく現れるパターンの一つなので、
三尊天井とも呼ばれています。

反対に価格の動きが上昇へと転換する際にも同じようなパターンがあらわれることもあり、
こっちは逆三尊とか三尊底とか呼ばれておりますこのように転換ポイントで出現するので、
このパターンをうまく生かせればトレンドの初期段階からポジションを取れるので、大きな値幅の獲得をご期待できますね。

ちなみに海外ではヘッドアンドショルダーと呼ばれていてこちらもやや無理やり感が否めないネーミングとなっております。
尖っているのは肩パッドとモヒカンでしょうか...
とはいえ世界中の人が注目してるパターンであることは間違いなさそうですね。

形成されるまでの動きは?

では続いてこのパターンが形成するまでの動きを、その背景と一緒に見ていきましょう。
まず真ん中の山の左半分くらいまでは順調に高値安値を切り上げ、
ダウ理論的にも綺麗な上昇トレンドを形成しています。
しかし真ん中の山が完成した後押し安値の部分が前回と同じくらいのラインまで下がってくると順調に切り上げができているとは言えず、多少上昇トレンドへの疑いが出てきます。
さらに右の山が真ん中を越えられず下がってくると高値が切り下がっちゃっているので、このあたりで上昇トレンドへの期待はだいぶ薄くなってきてネックラインと呼ばれている左右の谷を結んだラインを抜けると、高値安値の繰り下げが決定するので、今度は下降トレンドへの期待が高くなります。
すると買った人たちの損切りなどを巻き込み、大きく下がって三尊が完成していくのです。
この時の下げ幅はトップとネックラインまでと同じくらいまで下がると言われているので、ポジションを建てた場合はそのあたりを決済目標として意識しておくのが一般的です。

こんな感じで三尊は高値安値の切り上げ切り下げが逆転する形なので、ダウ理論的にもトレンド転換のポイントとして捉えることができますね。
ダブルトップとかも同じですがチャートパターンそのものを知らなくても動きに対して想像力を働かせることでトレードに生かすことも可能です。
逆に教科書的に形ばっかり覚えちゃう方は、パターン形成の背景もついでに考えると色々と応用が利いてトレードの幅が広がりますのでおすすめです。

例えば右側に下がったネックラインがしているちょっと傾いた三尊は、真ん中の山からより大きく下がっているので下目線で見るトレーダーも増えると考えられます。
これを綺麗な左右対称じゃないからといってみのがしていたらもったいないですよね。
確かにきれいな形の方がみんな注目するのでパターン通りに動くかなと考えられますが狙った方向へと動きそうなのであれば形自体にそんなにこだわらなくてもOKってわけです。

三尊のだまし?

とはいえこちらの理想通りに動いてくれないのは相場の常ですので、続いてはだましについても見ていきましょう。
三尊のように世界に広く知られているチャートパターンでは、特に個人トレーダーが同じようなポイントでポジションをたてるので大口がそこに客の注文をぶつけて刈り取ったりすると言われています。

真実はどうなのか知らんのですが三尊と見せかけて落ちないみたいな話が多いのは事実ですね。
そして形が特徴的で注目されやすい三尊はだましになった場合の逆行も大きくなる傾向があり、
逆にこのだましの動きを狙った三蔵にしてパターンでトレードするっていうのも一つの活かし方です。

ネックラインで打った人の多くは右の山あたりを目安に損切りに動くのでこの山を越えた
時に買いで入るのがセオリーですね
こんな感じで三尊は騙しも美味しいので積極的に狙いたいところです
なので三尊をエントリーポイントはネックライン終わった時ではなく
だましになるかならないのかを再度ネックラインで確かめた後がよさげです

跳ね返るのであればそこから売りネックラインを越えそのままの勢いで
右の山を越えたら買いますネックライン割れで勢いなくダラダラ下がっちゃったり中途
半端なところで横ばいになるならエントリー見送りって感じの判断がいいのではないか
と考えてます

では最後にどの時間足を見るのかなど具体的なトレードでの三尊活用方法を見ていきましょう
とはいえ、スキャルとかデイトレとか、トレードのスタイルにもよるので参考程度に見てください

一貫して言ってることですが自分はあんまり逆張りが得意分野じゃないんですよね
なので三尊といった転換のチャートパターンをそのままは戦略の軸として使うことはほぼなく、
軸となる押し目買いや戻り売りの後押し材料として活用しています

例えば4時間足で戻り売りを狙う場合4時間足は当然下降トレンドですがこの戻りの部分を
短期の後二の脚で見ると結構な上昇トレンドになっているんですよね
で、この短期の上昇トレンドが三尊形成によってがこうトレンドへと転換する可能性が
高まってきた時に乗っかるといった活用方法が自分のやり方です

また単純にこの三尊って結構珍しいチャートパターンで、
あまり長い時間足で狙ってるとチャンスが全然ないというのも、短期の足で活用すれば良いんじゃないかと思う理由でもあります
こんな感じで自分の場合上位のトレンドに乗っかるためのがへの転換を判断するために使っているわけですが、自分自身のトレードスタイルに合わせてパターンを使っていけるとバッチリですね
あとはもともと株式で使っていたものなので株のトレードで使ったり、ビットコインチャートなんかにこの三尊が話題に上っていたりするのでいろいろ試してみるのも面白いかもですね

おすすめの記事