【投資初心者の方へ】投資信託をおすすめする理由・仕組みを説明
【投資初心者の方へ】投資信託をおすすめする理由・仕組みを説明

この記事では、投資信託で資産を作る理由や仕組みについて説明します。

なぜ投資信託なのか

【投資初心者の方へ】投資信託をおすすめする理由・仕組みを説明

証券会社で資産運用商品として提供されているものはたくさんの種類がありますが、まずは投資信託を使って資産を分散させて投資を始めるべきです。なぜ、まずは投資信託を使って運用すべきなのでしょうか。投資信託には次のような特徴があり、これから資産を積み上げるフェーズの人に使いやすい金融商品だからです。

  • 少額から投資できる
  • 自動積立も使える
  • 国内外の株式、債券、不動産など投資対象が広い
  • いつでも換金できる

もし、試しに少額で資産運用を始めたいと思ったら、投資信託を組み合わせれば、1万円でも分散投資を始められます。投資信託の場合、1万円や3万円といった買い付け金額での指定ができます。

これが株式の場合だと、通常は、100株とか1000株といった株数で注文することになりますから、金額を指定して購入することはできません。また、投資信託は少額であってもその中の投資先は分散されています。小さな金額であっても分散投資を実践することができるのです。

運用金額が大きくなってきたら、購入金額もそれに比例させて大きくしていけば簡単です。また、毎月の積立も投資信託であれば、証券会社によっては500円、1000円といった少額からさまざまな投資対象に分散できます。自動積立のサービスを使えば、毎月自分で手続をしなくても継続的に投資をしていくことができます。まずは投資信託を使った運用を検討し、それよりもよい金融商品が見つかれば、その商品を利用するというようにしていけばよいのです。

投資信託の仕組み

「投資信託」とは、投資家からの資金をまとめて、プロのファンドマネージャーが運用する商品です。投資対象が分散されており、全体のリスクがファンドマネージャーによって管理されています。投資対象は、株式だけではなく、債券、不動産、コモディティ(商品)など多様で、組み入れる商品によってリスクが変わってきます。元本保証はなく、投資家は分配金を受け取ったり、値上がりによる利益を得ることになります。

投資信託にかかるコストには大きく分けて「販売手数料」と「信託報酬」の2つがあります。

「販売手数料」は購入時にかかるコストで、高いものは3%程度。販売手数料がかからない投資信託は「ノーロードファンド」と呼ばれ、コストを下げることができます。「信託報酬」は、保有期間と残高に応じて、日割り計算した額が毎日差し引かれます。これは運用成績にかかわらず、必ずかかるコストです。年5%の運用を目標とするわけですから手数料や信託報酬を甘く見てはいけないのです。銀行や証券会社の窓口で販売している商品や保険会社の運用はこのコストが高すぎます。コストの安いネット証券がおすすめです。投資金額が高くなってきたらさらにコストの低いものに切りかえていくコストに対する感覚が必要です。

おすすめの記事